おわあ、こんばんは

高校教員(英語)の日々 転職?続投?

何か吐き出さずにはいられない

ブログ放置しておそらく二年だと思いますが、その間に色々ありました。

 

  • 2017年、大阪から地元へ帰り、高校で期限付き講師をする
  • 早速その夏に教員採用試験合格
  • 今年度より新規採用で正規の教員として働くことに

 

おや人生順調じゃない、と側から見たら思うかもしれませんが、心中そうでもない。

 

  1. やりがいを感じない
  2. 教員の働き方がやはりおかしい(しかも多数が迎合しているような)
  3. 優秀でもなんでもなく、ただ試験に受かりさえすれば、あとは流されて公僕としてのらくら成長もせず安定して給料もらえればいい、効率性皆無、みたいな教員がちらほらいる

1 

学校によるかもしれません。しかしだいたいの授業などではやりがいを感じない。

分掌業務でも一年目なので大した仕事もなく、なんだかとにかく消化試合。

たまに楽しいのが発展レベルの課外の担当の時。

 

2

20、21時まで残っている人がざらです。おかしい。

みんな何をやっているんだろう…。

かくいう自分は仕事は少なめのはずなので、ささっとこなしてほぼいつも定時で帰っています。

定時後まで会議とかが長引くと、非常に機嫌が悪くなるくらい定時に慣れきってます。

 

部活の話はまた別の話ですが、強い部活はテスト期間だって御構い無しに練習をするし(一応原則禁止です)、週1の休みだってあるか怪しいです。部活のあり方も、やはりおかしい。

 

3

公務員のメリット?として、よほどの事をしでかさなければクビにならない、というのがありますが、それに甘んじて成長をしない、してなさそうな教員がいます。

見ていてこちらもモチベーションが下がるのと、同じ給料をもらうのか、と嫌になりますね。

もちろん優秀な人はいますが。

 

あと先ほどの働き方にも通じますが、効率を追い求めない教員が多いこと多いこと。

人の時間を奪っている、という意識もなくだらだら会議中に発言したり、単純だが時間がかかる事を少しでも早く終わらせようとしたりしない、そういう人間があまりにも多いです。同じ人間でしょうか。

自分の私生活や体調が何よりも大事な自分には、全く理解できない感覚です。

 

 

授業だけならともかく、総合的に見て教員って向いてないんじゃない?

と思うようになってきました。

授業は、別に嫌いじゃないです。ってか嫌いならやっていけないし。

2、3年前は夢見た理想の職業だと思ったのですが、他を見る事から逃げただけだったのか、と愕然としています。

まだ正規1年目ですので、結論はまだわかりませんが、確実に働き方は自分の考えとは合いません。

まぁ自分の働き方に関する意識は最近変わったんですけどね(メンタリストDaiGoさんの動画を色々見て)。

 

しかしデメリットもあればメリットもあります。

今後ブログで思考整理ついでに色々書いていこうと思います。